揚げ物がフライパンで作れる!?メリットとデメリットを紹介! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

揚げ物がフライパンで作れる!?メリットとデメリットを紹介!

   

フライパンで揚げ物ができる!唐揚げも!

出典 www.pakutaso.com/

フライパンで揚げ物ができることを知っていますか?油料理をする点の悩みがズバッと解決出来てしまうんです!

フライパンで揚げ物をする点でのメリットとデメリットを紹介します!

スポンサーリンク

 

1.フライパンで揚げ物をするときのメリット

フライパンでも揚げ物ができる!天ぷらも!

出典 www.yunphoto.net/

フライパンで揚げ物をすると、嬉しいメリットがあります。

  • 油が少量で済む
  • ヘルシーに揚げ物ができる
  • 油の処理が簡単になる
  • 洗い物が減る
  • 短時間で油に熱が入る
  • 節約になる!

油が少量になることで、たくさんのメリットがあります!

カツなどを揚げる場合、カツの素材カツの材料にフライパンで火を通した後、洗わずにフライパンに油を注ぐだけで揚げる段階に入ることができます。ということは、洗い物が減ってシュフも大助かり!となるわけです!

2.フライパンで揚げ物をするときのデメリット

フライパンで揚げ物ができる!でもデメリットもあるよ

出典 www.pakutaso.com

フライパンで揚げ物はできますが、もちろんデメリットもあります。

フライパンを選ぶ

どうしても高温になりやすいため、加工がしてあるフライパンは、加工自体が取れて使い物にならなくなってしまいます。特にテフロン加工などは一発アウトです。

分厚い素材は揚げられない

油が少量な分、温度が上がりやすく、じっくりと揚げることには適していません。表面をカリッと揚げるだけのイメージだとわかりやすいと思います。フライパンを使用して揚げ物をする場合は、材料を薄く切ったもので調理するようにシてください。

スポンサーリンク

 

おすすめのフライパンの形状

フライパンで揚げ物ができる!おすすめのフライパンは底が深いもの

出典 http://www.photo-ac.com/

フライパンで揚げ物をする場合は、高温にも対応できるもので、なるべく深いフライパンを使いましょう。

揚げ物をする際、材料の水分をなるべく飛ばすことは大切ですが、どうしても飛んでいなくて油はねがひどい時ってありますよね。油が少量で済むとはいえ、油はねは避けられません。そんな時にフライパンが浅いものだと大惨事です。深いタイプのフライパンを選んで調理を行ってください。

まとめ

フライパンでも揚げ物ができる!まとめ

出典 www.photo-ac.com/

揚げ物は若い人やおつまみにとっても人気な料理の一品ですよね。でも、油料理をする人は結構悩みの種でもあります。後片付け、油が飛び散るのが嫌、カロリーも高いし…なんて。だからこそ、主婦の味方!プライパンで揚げもの!

様々な注意点はありますが、少量で揚げ物をするため、ヘルシーな揚げ物ができる!嬉しいですよね。ただし、食べ過ぎは禁物ですよ!

スポンサーリンク