脱水症状の対処法を知ろう!対処法や食べ物での予防方法を紹介 | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

脱水症状の対処法を知ろう!食べ物や飲み物での予防方法を紹介

   

 

脱水症状は春夏秋冬いつでも起こる

出典 photo-ac.com

脱水症状を甘く見ていませんか?脱水症状は、春夏秋冬どんな季節でも起こりうる症状です。特に、夏は水分が汗などで失われやすいため、脱水症状を引き起こしやすいのは間違いありません。

脱水症状に関する知識を身につけて、体に優しい生活習慣を身につけましょう。

スポンサーリンク

 

脱水症状は水分が足りなくなっただけではない

脱水症状の詳しい症状とは

出典 photo-ac.com

単に、脱水症状は水が足りていないだけの状態だと思っている方が大半だと思います。特に夏場はたくさんの汗を書くことから脱水症状にならないように水分を取れよ、といった水分の摂取を促されることが多いことからのイメージだと思います。

しかし、実際の所、体の水分が足りていない状態であることは間違いありませんが、水だけではなくミネラル分といったナトリウムやカリウムなどの欠乏も原因の一つだと考えられています。脱水症状が出ないようにと水だけを飲んでいると、症状が悪化してしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

 

脱水症状の種類と対処法

脱水症状の種類を確認しよう

出典 photo-ac.com

脱水症状には複数あります。全てが水分不足で起こっているわけではないことを確認しましょう。脱水症状には吐き気やめまい、体温が上がる、皮膚や口内の乾燥、頭痛や食欲不振といった症状があります。

低張性脱水

下痢や嘔吐をすると、脱水症状になると聞いたことはありませんか?下痢や嘔吐による脱水症状は、ナトリウムを多く失うことで引き起こされます。初期症状は自覚が少ないですが、放置して進行してしまうことで、倦怠感や眠気が襲ってくることが特徴です。

下痢や嘔吐をしてしまったなと思った時は、スポーツドリンクや、お腹に優しい塩分を含ませたおかゆなどを摂取するようにしましょう。赤ちゃんの場合は母乳やミルクを飲むようであれば、無理にその他の水分を飲ませる必要はありません。

等張性脱水

等張性脱水は、ナトリウムの欠乏に加えて、水分も不足した場合に起こる脱水症状です。初期症状として、喉が渇いたと感じることが多いです。この時に、ナトリウムを含んだ水分ではなく、ただの水やお茶を多く飲んでしまうと、低張性脱水になってしまう危険性があります。

スポーツドリンクでは不安な場合は、薬局などで購入できる「OS-1」といった経口補水液や塩飴と言ったナトリウムに特化したものを摂取すると良いです。また、スイカやイチゴ、みかんといった、水分を多く含み、ビタミンやミネラルも豊富なので、脱水症状を緩和することができます。

その他にも、野菜ジュースも水分に加えてミネラルやビタミンを摂取することができるのでおすすめです。

高張性脱水

高張性脱水は、水分が不足した場合に起こる脱水症状です。摂取する水分量が少なかったり、自分で水分を摂取できない乳幼児や高齢者に多い症状です。尿の量が減ったり口が異常に乾くなどの症状が見られます。

水分を摂取することが難しい場合は、一度病院に相談をして点滴を行うようにしましょう。水分を意識して摂取できない人は、意識して水分を摂るようにしましょう。

 

まとめ

脱水症状を抑えるには水分の他に電解質を摂取する必要がある

出典 photo-ac.com

暑い夏には脱水症状が起こると痙攣や気絶といった危険な症状も起こりえます。しっかりと塩分を含んだ水分を摂るようにしましょう。もしもの場合に塩飴と水を持ち歩くと良いでしょう。

体調が優れない場合は、悪化する前に一度病院で相談することをオススメいたします。

スポンサーリンク