雛人形の収納ケースはやっぱり桐でしょ!桐の収納ケース3選! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

雛人形の収納ケースはやっぱり桐でしょ!桐の収納ケース3選!

      2016/04/08

雛人形の収納ケースで桐を使うべき理由

出典 http://shop.plaza.rakuten.co.jp/kyoto-ichiyama/diary/detail/201303020000

雛人形の収納ケースもう準備していますか?

御爺ちゃん・御婆ちゃんから娘のためにって雛人形を頂いても、収納ケースがないと高価な雛人形も台無しです・・・。

ですから、今のうちに雛人形の収納ケースを用意しておきましょう!やっぱり雛人形の収納ケースは桐ですね!

桐の雛人形の収納ケースをお勧めする理由を3つ紹介しますので参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

1、桐は調温機能が優れている

雛人形の桐収納ケースの調温機能

出典 http://item.rakuten.co.jp/smilemarket/kb_hina/

雛人形の収納ケースをわざわざ桐ダンスにする理由の1つとしては、桐は調温機能が優れているということが挙げられます。

日本は四季がありますから、夏と冬の気温差が大きくなりますよね?気温差は雛人形にとってはカビなどの原因になりえるのですが、桐ダンスの調温機能によって、気温差によるカビをある程度防ぐことが出来るのです。

さらに、雛人形は高温多湿な状態を大変嫌いますので、夏でも風通しがある桐ダンスはひな人形を守る収納ケースとしては優れているということなのです。

高価な雛人形ですから、長く大事に雛人形を使いたいですよね。

2、桐は防腐素材が含まれている

雛人形の桐収納ケースは防腐素材

出典 http://item.rakuten.co.jp/kyoto-ichiyama/ts1ck/

雛人形の収納するときに防腐剤を一緒に収納ケースに入れる人が多いと思います。

ですが、実は桐には、桐が元来持っている防腐素材が含まれているんです。

もちろん、雛人形を収納するときに、桐+防腐剤を合わせて使うことが更に、雛人形の保存状態が良くなることは間違いないのです。

雛人形につく害虫としては、シミやカツオブシムシなど衣類にもつく害虫になるのですが、そういった害虫からも桐ダンスを使うことで守ることが出来るのです。

当然プラスチックの収納ケースよりは、雛人形の保存状態が良くなりそうなのはイメージが付きますよね。

スポンサーリンク

 

3、桐は環境に優しい

雛人形の桐収納ケースはエコ素材

出典 http://www.ben.co.jp/tochigi/eco/

実は桐ってエコな素材なのです。

どういうことかというと、桐は成長がとても早くて15-20年で成長するのです。

また、桐が育って伐採しても、切り株からまた芽をだして、ぐんぐん成長していきます。

成長の遅い木をひな人形の収納ケースに利用するよりは、桐のように成長の早い素材を使った方が地球に優しいエコな素材といえますよね。

⇒★人気のひな人形の桐ケースをチェックする★

まとめ

あなたが、雛人形の収納ケースで桐素材を使うべき3つの理由をまとめてみました。

1、桐は調温機能が優れている

2、桐は防腐素材が含まれている

3、桐は環境に優しい

折角購入して高価な雛人形ですから、しっかりとして桐の収納ケースを用いて、大事に保存していきたいですよね。

ひな祭りの献立はもう決まりましたか?

ひな祭りと言えば1番子供が楽しみにしているものは結局献立ですよね(笑)

せっかく楽しみにしているひな祭りの料理ですから、ひな祭りらしい食事を用意してあげましょう!

参照⇒ひな祭りの子供が喜ぶ献立ベスト3!子供向けの簡単献立を紹介

ひな祭りの起源を知った上でひな祭りを迎えましょう

ひな祭りの起源を知っている人って案外少ないですよね!私も全然知らなかったです(笑)

でも起源を知っているかどうかで、ひな祭りの楽しみ方がまた違ってくるものですよ!せっかくの機会ですからチェックして勉強しておきましょうね♪

参照⇒ひな祭りの意味や起源って知ってますか?●●時代がひな祭りの起源ですよ!

スポンサーリンク