雛人形の修理の基礎知識!依頼するのに最適な時期などを紹介! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

雛人形の修理の基礎知識!依頼するのに最適な時期などを紹介!

      2016/04/13

雛人形の修理の方法は

出典 http://satogh1.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300980633-1

雛人形を飾る時期がきましたね。

「さぁ雛人形を飾ろう!」と思って、収納ケースから出すと、「あれ?この雛人形修理しないとまずいんじゃないか?」って思うことありますよね。
そんなあなたに向けて雛人形の基本知識などをまとめたので参考にして下さいね!

スポンサーリンク

雛人形を修理するための基本知識

雛人形の修理を依頼するべき場所

雛人形の修理

出典 http://oote.jp/casestudy/hina.html

そもそも雛人形というのは、作り方が職人によって作り方が異なります。

実は雛人形の修理といっても、修理だけを専門に行っている業者と言うのはほとんどないのです。

雛人形の修理や交換は、雛人形を購入したお店に持ち込んで修理してもらうのが実は確実なのです。

専門の修理業者がないので、購入したお店・作ったお店が確実になるのです。
雛人形をどで買ったか分からない!そもそも雛人形が古すぎる場合や、その雛人形を作っていない職人さんに持ち込まれても当然確実に直せる保証がないので、お断りされる場合が多々あります。
そりゃ職人さんも大事な雛人形ですから、修理できるかどうか分からないものを安請け合いで修理を受けることなんて出来ないですよね。当然、部品を交換することも、同じように購入した店でないと断られることがあります。

雛人形を修理に出すのに最適な時期は?

雛人形を修理に出す時期

出典 http://item.rakuten.co.jp/kobo-tensho/12-sh-220/


また雛人形を修理に出す時期ですが、3月3日のお節句の後に「次の節句までに直ればいいかな」くらいの余裕をもったスケジュールでお店に依頼するようにすると良いです。
職人さんや、店舗は夏の終盤から冬の時期になると、職人さんや店舗は雛人形の修理ではなく、製造の方で繁忙期となるので、手間のかかる修理は後回しにされていまうんです。
雛人形の修理の際によく言われるのが、「親王飾りの片方、三人官女の1つの一体だけ顔に傷が出来てしまった」という相談が多いようです。
顔に傷が付いた雛人形は、非常に悲しいことですが、基本的には完全に修理することは出来ないです。
最近購入した雛人形なら、同じ型の雛人形の顔に丸々交換できることもありますが、雛人形一体だけ新しい顔に交換しても、他の雛人形とのバランスが悪くなります。
他の雛人形との古い恰好とのバランスが取れずに、全体としての印象が悪くなってなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

ですので、1体の雛人形だけ修理して直してしまった他の人形とのバランスが悪くなってしまうくらいなら、修理せずに傷をそのままにしておくのも趣や歴史かもしれません。
そもそも雛人形というのは、厄災から身を守ってくれるものですから雛人形の顔などに傷がつくというんもは、厄災などから身を守ってくれた現れとも言えますからね。

雛人形の収納はやっぱり桐のケースです!

高価な雛人形ですからやはりしっかりとした収納ケースで保管しておくべきです!桐の収納ケースが1番雛人形に最適と言われています。そんな人気の雛人形ケースを紹介しておきますね!

■参照⇒雛人形の収納ケースはやっぱり桐でしょ!桐の収納ケース3選!

雛祭りの起源って知っていますか?

ひな祭りの起源って意外と聞いたことがないですよね!実はふかーい理由があるんdす!豆知識の1つとして知っておきたいですね♪

■参照⇒ひな祭りの意味や起源って知ってますか?●●時代が起源なのです!

スポンサーリンク