1人暮らしの初期費用!初めての1人暮らしには●●万円必要! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

1人暮らしの初期費用!初めての1人暮らしには●●万円必要!

   

1人暮らしに必要な初期費用

出典  www.hokuointerior.com

初めての1人暮らしってすごく楽しみでワクワクしますよね♪

でも忘れていませんか?「1人暮らしの初期費用って結構かかってしまうということを・・・」

脅すような言い方してごめんなさい(笑)でもね、後で大変なことにならないように今のうちに1人暮らしの初期費用がどの程度必要なのか把握しておきましょう!

スポンサーリンク

 

1、マンションの契約に必要な初期費用

1人暮らしに必要な初期費用

出典 www.interior-heart.com

初期費用といっても1人暮らしをするには色々な費用がかかってきます。

まずは、マンション契約に必要な初期費用を考えます。

必要は初期費用は、

①礼金(返金されない初期費用) → 0万円~30万円程度

②敷金(退去時に返金されることもある。家賃滞納時などの担保) → 0円~20万円程度

③火災保険料(保険料。掛け捨て) → 2年で2万5000円程度

④鍵の交換費用(不要な場合もある) → 1-2万円ほど

このようになります。契約するマンションによって①~④の数字は本当に変わってきます。

よくマンションを契約する前に確認しておきましょう。

2、仲介会社に支払う紹介手数料

マンションを契約した場合に、借りたマンションの半月分~1ヵ月分を紹介手数料として支払う必要があります。

10万円のマンションを借りる契約をした場合、仲介会社に5万円~10万円支払う必要があるということですね。

何故半月分~1ヵ月と幅あるのかという、仲介会社の方針で違うだけです。

ですが、1ヵ月分の仲介会社の方が良いマンションをたくさん紹介できるかというとそんなことありません。

ですので、半月分の仲介手数料で済む仲介会社を探す方がお得ですよ!

スポンサーリンク

 

3、家賃2か月分を前払い

1人暮らしに必要な初期費用

出典 inazumanews2.com

契約時に家賃を2カ月分の前払いが必要になります。

例えば、4月に10万円の家賃を契約した場合、4月分と5月分の家賃の合計20万円を前払いする必要があります。

ただ、4月15日から1人暮らしのマンションに入居すると半月分の家賃の日割り計算になりますので、15万円分前払いとなりますね。

結論!初期費用は40-50万円は必要

色々と書きましたが、私自身が一人暮らしをしてきた経験としては1人暮らしには40-50万円は用意しておきたいところです。

これは家賃6-7万円の1人暮らし用のマンションに入居することを想定して場合です。

①マンション契約時の初期費用 ②家具・家電 ③引越し費用。この3点を全て含めると、40-50万円ほどあれば安心です。

もちろん引越しを友人に手伝ってもらう。家具は知り合いから譲ってもらう。家賃を3万円くらいのことに住む。など工夫すれば初期費用も半分以下で収めることも可能です!

あなたのお財布と相談してくださいね!

スポンサーリンク