まだ知らない?イースターエッグの作り方や由来を全て紹介! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

まだ知らない?イースターエッグの作り方や由来を全て紹介!

   

イースターエッグの作り方を紹介

出典 http://amysfreeideas.com/Japanese/J-CS-CRF-E-bln_eggisutaegguno_zuori_fangkong_luanno_zhuang_shi.html

復活祭(イースター)に卵(エッグ)を飾るのはなぜでしょう?

イースターエッグの作り方を進めながら、お話していきましょう。

スポンサーリンク

 

復活祭(イースター)に卵(エッグ)の由来

復活祭はキリスト教の最も重要な行事であり、キリストの復活を祝うお祭りです。

家中にペイントや装飾をした卵をかざり、子供たちが庭に隠された卵を探すゲームをし、

家族や友人とプレゼントを交換し、クリスマスのように家族でご馳走を食べます。

教会ではゆで卵のイースターエッグが配られます。

イースターエッグは復活祭には欠かせないもので、家庭で簡単に作ることが出来ます。

華やかな装飾のかわいらしいイースターエッグを作りましょう。

 イースターエッグの作り方

イースターエッグの作り方やレシピ

出典 http://goo.gl/fhi0Qy

1.安全ピンで卵の殻の両側に穴をあける。

2.片方の穴から串を入れ、穴を少し大きくし、卵の中を混ぜることで中身を取り出しやすくする。

3.片側の穴から息を吹き込み、大きめに開けたもう一つの穴から中身を全部外に押し出す。

4.卵の中を洗い、自然乾燥させる。

5.外側に色を塗ったり、紙を貼ったりして装飾をする。

イースターエッグの作り方の動画

YouTubeで作り方、デコレーションの仕方を見ることができます。

「イースターエッグの作り方 beable ビエボ」が分かりやすいです。

卵の中身を取り出す方法

「卵の中身を取り出すなんて難しすぎる」という方に、

卵の中身を取り出して、内部を樹脂でコーティングしている素材や、発泡スチロール、紙粘土で出来た卵型が販売されています。

これを購入すれば、色を染めたり、デコレーションしたりと楽しく工作が出来ます。

スポンサーリンク

 

 イースターエッグは食べ物?飾り?

イースターエッグは食べ物?飾り?

出典 http://goo.gl/fhi0Qy

あれあれ、イースターエッグは食べるもの?飾るもの?という疑問が浮かびました。

ゆで卵のイースターエッグは食べ物です。しかし、食べる前提で作るイースターエッグには食用色素を使ってください。

伝統的な赤いイースターエッグは玉ねぎの皮で煮るのだとか。

カラフルな色付けをするなら、赤、青、黄色、緑などの食紅もあります。

これで安心して食べられますね。

 イースターエッグをお祭りで使う理由

そもそも、何故、ウサギや卵がお祭りに使われているのかというと、卵は生命誕生、ウサギは沢山子供を産むので繁栄のシンボルとされています。

十字架にかけられたイエス・キリストが三日後に復活し、その復活をマグダラのマリアが白い卵を持って、ローマ皇帝に伝えに行くと、「死んだ者が生き返るなど、白い卵が赤くなることぐらい、ありえないことだ」といい放ち、その時白い卵がイエスの血の色に染まるという奇跡が起こったことから、赤い卵がイエス・キリストの復活のシンボルとして扱われてきました。

2016年のイースターは3月27日です。色鮮やかなイースターエッグを作って、ご家族やご友人たちとホームパーティはいかがでしょうか。

スポンサーリンク