鹿屋航空基地の特攻資料館で見るべきポイントを4つ紹介! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

鹿屋航空基地の特攻資料館で見るべきポイントを4つ紹介!

   

鹿屋航空基地の特攻の見るべきポイント

出典 kagoshimaoishii.blog.jp

鹿児島県でも大きな都市の1つに鹿屋市ということろがあります。今でも自衛隊の航空基地があるのですが、鹿屋航空基地では第2次世界大戦の頃には特攻基地としても使われていたんです。

私自身も鹿屋特攻基地に行った経験がありますので、鹿屋特攻基地の見どころなどを紹介したいと思います!

ちなみに岡田准一主演で映画にもなった「永遠の0」の舞台にもなった場所ですね。

スポンサーリンク

 

1、敷地に退役した飛行機がある

鹿屋航空基地の特攻の見るべきポイント

出典 asunavi.net

鹿屋航空基地史料館の屋外の敷地に実際に戦時中に使われていた飛行機があります。もちろん退役した今は使われていない飛行機なのですが、現物を見ることが出来るんです。

10基ほどの飛行機があったと思うのですが、その大きさに圧倒されます。

2、現物の魚雷が展示

鹿屋航空基地の特攻の見るべきポイント

出典 http://file.frontcreek.syoyu.net

鹿屋航空基地史料館の屋外ですが、退役した飛行機と同じ場所に、現物の魚雷が展示されています。

もちろん今は爆発することのない魚雷ですが、実際に当時の日本海軍が使っていた魚雷になります。

私は初めて魚雷を見たのですがその大きさに圧倒されました。

3、零戦の現物が展示

鹿屋航空基地の特攻の見るべきポイント

出典 kitaken.skr.jp

これは本当に衝撃だったのですが、太平洋戦争で実際に使われていた現物の零戦が展示されていました。もちろん本物です。

鹿児島の桜島に隣接している錦江湾という湾があるのですが、そこに沈没していた零戦を引き上げて展示したものになるんです。

もちろんそのままでは展示出来ませんですので、三菱重工が零戦の設計図を元に修理をして展示させる状態に復元さえたということなのです。

設計図を元に復元していますから大きさや色なども、第2次世界大戦で使われていた零戦と全く同じ飛行機になります。

更に私が感動したのは、零戦の操縦席も見ることが出来るので、本当に鹿屋航空基地史料館に行ってよかった!と思いました。

零戦に興味のある人は、必ず行ってほしいスポットになりますね。

スポンサーリンク

 

4、特攻で亡くなった方の写真などが

鹿屋航空基地の特攻の見るべきポイント

出典 noripdaian.exblog.jp

見どころのスポットという不謹慎なのですが、鹿屋航空基地史料館で1番衝撃を受けたことです。

鹿屋航空基地史料館には鹿屋特攻基地から実際に飛び立って亡くなった方々の写真が飾られているのです。

更に写真だけではなく、特攻で亡くなった方の年齢や出身地などのプロフィールなども掲載されています。

詳細は実際に鹿屋航空基地史料館に行ってみてもらえたらと思うのですが、鹿屋特攻基地から飛び立って亡くなった方の多くが20代前半の若い方ばっかりだったのです。

何とも言えない気持ちで、その写真の1枚1枚を見ていました。

まとめ

鹿屋航空基地史料館ですが、やはり絶対に戦争は起こしてはいけないなと月並みですが実感させてくれる場所でした。

アクセスが良い場所とは言えませんが鹿児島に観光に行った際には立ち寄って欲しい場所の1つです。

スポンサーリンク