子育てと仕事を絶対両立させる!完璧こなす3つのアイデア | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

子育てと仕事を絶対両立させる!完璧こなす3つのアイデア

   

子育て 仕事

出典 https://press.mamamoi.jp/21732?all=true

仕事を持つ親にとって、子どもとの時間はとても大切です。職場で嫌なことがあったとしても、子どもの笑顔や寝顔を見れば、気持ちも晴れて切り替えられるというものです。しかし、子どもが体調を崩してしまった時ほど困ることはありません。

大事な契約があるから、自分がいないと仕事が回らないから、周りの人の負担が増えてしまうから等様々な理由があって、仕事を休むのは難しい時、どうやって対処しますか?今回は子どもが保育園に登園出来ない時の切り抜け方を伝授いたします!

スポンサーリンク

 

保育園以外の預け先を確保

子育て 仕事

出典 http://sickchild-care.jp/press/1414/

子どもが体調を崩した時、保育園は子どもを預かってくれません。37.5度以上の発熱、下痢、嘔吐、怪我などです。子どもが体調を崩したときくらい、仕事を休んだっていいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、現実はそんなに甘くないものです。

そんな時は、保育園以外に、病児保育室、病後児保育室、ファミリーサポートセンター、ベビーシッター等に子どもの面倒をみてもらえないか当たってみましょう。ここで大切なのは、それぞれ事前に登録してどんな施設なのか、どんな保育士がみてくれるのか必ず確認しておくことです。

実際に体調の悪い我が子をみてもらうわけですから、普段の保育園よりも子どもにとっての負担も大きいはずです。少しでも子どもが安心して過ごせるように、事前に確認できることはしておきましょう。

また、普段から各施設の場所や連絡先、定員等が分かる資料も一つにファイリングしておくと便利ですし、子どもの平熱や常備薬を書いたメモ、着替えやオムツをまとめて用意しておきましょう。これだけでも、いざ病児保育室へ行く時等に慌てなくて済みますよ。

常に自分が休んだ時を想定

子育て 仕事

出典 http://mamasup.me/articles/3160

子育てをしながら仕事をしている場合、いつ突発的な休みを取らざるを得なくなるか分かりません。それも仕事中に保育園からお迎えに来て欲しいと呼び出されることもあれば、夜中に熱を出すこともあるかもしれません。

こういう場合に備え次の3つの対策を必ずとっておきましょう。①次の日に必ず完結させる仕事をピックアップしておく。②自分の代わりに仕事をしてもらえそうな人を考えておく。③誰が見ても書類の場所が分かるようなデスクにしておく。

休んだ時は、必ず誰かが自分の仕事にプラスしてフォローしてくれるはずです。同僚に負担をかけるのは避けられないものと捉え、せめて負担を最小限にするような対策だけは取っておき、万が一休んでしまった場合は必ず次の出社時に謝罪とお礼を伝えましょう。

スポンサーリンク

 

夫婦で協力

子育て 仕事

出典http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=1916

子どもが体調を崩して仕事を休まざるを得ない場合、夫婦どちらかだけが仕事を休むというのは避けたいものです。育児休業から復帰の流れで、ママが休むという家庭が多いのですが、これではママが本当の意味で仕事復帰をするのが遅れてしまいます。

可能であれば子どもが体調を崩して連日休む場合は、1日交代で仕事を休んだり、保育園の送迎や通院を交代にして夫婦二人で子育てと仕事を継続しましょう。そうすれば、パパの子育てに対する姿勢も積極的なものになっていくはずです。

まとめ

子育て 仕事

出典 http://benesse.jp/kyouiku/201509/20150914-2.html

いかがでしたか?子育てをしながらの仕事はなかなか大変なものですが、事前に出来ることをしておくだけでいざという時に慌てなくて済みますし、同僚との関係悪化も防ぐことができるのです

子どもが大きくなればなるほど手がかからなくなり、仕事の時間も少しずつ増やすことができるでしょう。その時のためにも、渦中にいる今を乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク