ロードバイク初心者が絶対に知っておくべき4つのマナー | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

ロードバイク初心者が絶対に知っておくべき4つのマナー

   

ロードバイク初心者

出典 http://www.cycling-ex.com/2015/11/2016_al_road_15.html

人力で一番早い乗り物とされているロードバイク。近頃は、興味をもつ人達が増えていますので今回は、初心者でも楽むために、最低限知ってお行きたい知識をまとめましたので、紹介しますね!

そもそもロードバイクとは、主に舗装道路を走るための自転車で、もとは競技用に作られたモノです。ですがそのスピード感や、長距離を走った後の達成感を求め、ツーリングとして利用する人たちが急増しています。でわ早速、覚えて起きたい知識の紹介をしますね!

スポンサーリンク

 

最低限の4つのマナー

ロードバイクの知識

出典 http://cyclist-channel.com/2015/11/25/初心者が10万円以下のロードバイクを選ぶとしたら/

まずは、ロードバイクを始める前に、最低限の知識を学んでおきましょう。また、軽車両だと言うコトを自覚してくださいね。購入したから早く走りたい気持は分かりますが、まずは知識を頭に入れて走行するように、心がけてください。それでは説明していきます。

手信号を覚えよう

ロードバイクでも手信号

出典 http://cyclist.sanspo.com/79059/midosuji01-2

ロードバイクは、歩道ではなく舗装道路を走行する自転車です。したがって、車両との接触する危険性がありますし、仲間同士のツーリングの際、後者が前方の視界を妨げられますので、必ず手信号で合図をして、安全に走行するようにしてくださいね!

標識を覚える

道路標識も覚えましょう

出典 http://frame.style/2015/03/road-sign/

舗装道路を走りますので、最低限の道路標識は覚えてください!「進入禁止」「一方通行」「車両通行止め」「自転車通行止め」「徐行」「一時停止」「歩行者専用」「自転車及び歩行者専用」「自転車横断帯」これらは、しつかり覚えて起きましょう。

また右折する時は、二段階右折を用いり安全に通行しましょう。また車両からは、原動機付自転車同様に見られますので、車両の死角に入らないように気を付けてください。

スポンサーリンク

 

ベルや反射機材はかかさずに

ロードバイクにもベルを付けましょう

出典 http://840.shunoman.com/?eid=239

反射機材は、自転車の前後に取り付けるのは義務ずけられています。その他ロードバイクは、法律的に軽車両のため警笛区間を走行する場合は、警笛を鳴らす必要がありますので、ベルも必ず取り付けてください。

キープレフトを心掛けましょう

普段車両は、道路の左側を通行します。ですが自転車は、進行方向の逆側を(右側)通る場合があり逆走になりますので、必ずキープレフトを心掛け、走行するようにしてください。

キープレフトとは、道路における車両の、左側通行を定めている!というコトです。

まとめ

ロードバイクは一見、只の自転車に見えますが、一般の自転車同様「軽車両」ですので、道路交通法に基づいたルール―を守り、安全に運転してくださいね!

また、事故を起こす場合も考えられますので、ヘルメットや装備品を欠かさず、自分の身を守り楽しくロードバイク生活を楽しんでくださいね!

自転車保険への加入も当然必須ですよ!

ロードバイクのようなスピードを出す自転車に乗る場合は自転車保険への加入は必須です!

自転車でも最近では加害者になることも多く、何千万円もの高額な賠償請求を受けることもあるんです。。

ですので、下記に自転車保険を比較して紹介しているので必ずチェックしておいてくださいね!

■参照⇒自転車保険の比較!自転車保険に入って高額賠償を回避しよう!

自転車は通販でも買える時代なんです!

ロードバイクなどの自転車に興味はあるけどなかなか店舗まで自転車を見に行く時間がない!というあなたは通販サイトがおすすめですね。

自転車通販で有名なサイマというサイトがあるのですが、こういったサイトを使って自宅でゆっくり自転車を探すことができるんです!

■参照⇒自転車通販は激安店よりサイマ!激安自転車通販店にはない7つのサポート!

スポンサーリンク