妊娠初期の腰痛ってなんで起こるの?流産の可能性? | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

妊娠初期の腰痛ってなんで起こるの?流産の可能性も!!

   

出典 妊娠初期の腰痛って?

出典 www.photo-ac.com

妊娠初期って、いろいろなところに不調が出ることがあります。身体の中に新しい命が宿るわけですから、身体が驚いて様々な変化が起こることはしかたがないことです。妊娠初期に起こる腰痛について調べました。

なぜ腰痛が起こるのかをまとめましたので、是非お役立ていただけたらと思います。

スポンサーリンク

 

妊娠初期に腰痛が起こる主な原因とは?

妊娠初期に起こる腰痛の主な原因はホルモンが関係していた。

出典 www.photo-ac.com

妊娠初期に起こる腰痛の原因とはなんでしょうか。お腹が大きくならないうちでも腰痛が起こることがあります。妊娠初期の腰痛の原因には様々な要因があります。

女性ホルモンの影響によるもの

妊娠をすると、身体が出産に向けて様々な変化を起こします。主に子宮がだんだん大きくなるとともに、骨盤周りの関節や靭帯がゆるんだりと、妊娠に適切な身体に変化していきます。その時、リラキシンという女性ホルモンが増加します。

このリラキシンと呼ばれる女性ホルモンは、骨盤を開きやすくするために、骨盤の左右を支える恥骨結合部分をゆるくする作用があります。骨盤がゆるくなることで身体を支える力が弱くなって骨盤周辺の腰などに負担がかかるため、痛みの症状が現れやすくなります。

このリラキシンは、生理前にも分泌量が増えます。生理前に腰痛が起こりやすくなるのも、このリラキシンが原因とされています。妊娠初期の腰痛も同様に、リラキシンの分泌が増えることが一つの原因です。

姿勢の悪さによるもの

リラキシンの影響による派生でもありますが、元から姿勢が悪いことも妊娠初期の腰痛の原因となります。リラキシンによって骨盤が体を支える力がなくなることで、その他の部分に負担がかかります。

そして支える筋肉などが弱いと、骨盤が不安定になり姿勢が悪くなり、姿勢の維持が難しくなることから、周囲の筋肉が緊張してしまいます。そして、筋肉が固まってしまうことで腰痛が起こることもあります。

便秘や運動不足によるもの

子宮が大きくなることで腸が圧迫され、便秘が起こることで腰痛に発展していることもあります。また、妊娠をすると極端に運動量が減るため、筋力が落ちてしまいます。便秘や運動不足が原因で、腰痛を引き起こしてしまうということも原因の一つと考えられます。

スポンサーリンク

 

妊娠初期の腰痛には流産の可能性もある?

妊娠初期の腰痛は流産の可能性もある。

出典 www.photo-ac.com

腰痛は、流産の兆候の一つでもあります。しかし、腰痛があるからといって流産という可能性が高くなるというわけではありません。安心してください。

ただし、出血を伴う痛みや、我慢ができないほどの激痛がある場合は、すぐにかかりつけ医に相談をしてください。これらの痛みは流産の可能性があります。

まとめ

妊娠初期の腰痛が起こった場合は、一先ず横になること。

出典 www.photo-ac.com

妊娠初期以外でも腰痛がある場合は、無理をせず横になるようにしてください。また、冷やさないように温めることをおすすめします。そのほか、骨盤を支えるベルトなどもありますので、かかりつけ医に相談するといいですよ。

無理はせず、まったりとしたマタニティライフを楽しんでくださいね。

妊娠初期の食べ物はポコアポコが大事!

妊娠初期においては食べ物はすごく大事です!そんな時にポコアポコを摂るだけで簡単に体調を整えることが出来ます!そんな万能フードのポコアポコって知ってますか?

もしかして妊娠かも!妊娠初期の症状を押さえておこう!

初めての妊娠ですとどんな症状が出れば妊娠の可能性があるのか分からないですよね。ですので妊娠初期の症状をまとめましたので要チェックですよ!

 

スポンサーリンク