出産祝いの渡す時期はいつ?常識外れのタイミングじゃないですか? | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

出産祝いの渡す時期はいつ?常識外れのタイミングじゃないですか?

   

出産祝いの知っておくべきこと!

出典 http://veramagazine.jp/article/baby-gift

いつの時でも、身近な人の出産はおめでたいモノですよね。お祝いを渡したいけど、実際いつ頃からどの期間までに渡せばいいのか、ハッキリ分からない方もいると思います。

今回は、出産祝いの渡す時期(期間)や、知らないと相手に失礼になるようなマナーなど、まとめた情報を提供します。せっかくお祝いとして贈るものですから、喜んでもらいたいですよね。

まずは、実際にどんなマナーがあるのか、まとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 

出産祝いのマナーとは

出産祝いのマナーとは?

出典 http://shigotoup.com/756.html

今まで出産祝いで贈り物を渡したことがある人、これから渡そうと考えてる人で、最低限知っておきたいマナーがあるのはご存知でしょうか?また、分ってるけど勘違いして覚えたりしていませんか?

誰かに聞くにも聞けずに悩んでいても、何も解決はしません。ここでしっかり学んで失礼なコトをしないように、心がけましょうね!

贈る金額の目安

まずは、祝い金の相場についてです。おめでたいからと言って、高額を包んで渡してしまうと、相手を恐縮にさせてしまったり、産後にもかかわらずお返しに困らせるという問題が発生してしまいますので、高額を包むのは控えましょう。

平均的な相場は、身内で1~2万円、親しい友人の場合で1万円、顔見知りや知人などで5千円が相場になっています。もし自分が以前に出産祝いをもらっている方には、同等の金額を贈りましょう。その他、金額に応じた袋を使うようにしてくださいね!

スポンサーリンク

 

お見舞いに行くときは

産後一週間以内は、なるべく病院にお見舞いに行くのは避けてください。でも、相手側から誘われた時でしたら、男性は、行かないようにしてください。お子様も同様です。なるべく大勢で行くのも相手に気を使わせてしまいますので、遠慮してください。

また、出産後は体調がすぐれない場合がありますので、確認してから行くように連絡を取りあってくださいね。お見舞いに行った時は、騒がしくせずに長居はさけてください。

出産祝いのプレゼントを選ぶ時の注意点

出産祝いをもらった側は、内祝いを返すのが一般的です。もらった品物の半分の金額分を返す、「半返し」という形でお返しをします。ですので、プレゼントは、値引き品やセール品を選ばないようにしてくださいね!

ちなみに出産祝いの金額の相場は知っていますか?あまり高いものを渡しても相手も気を使いますし、安すぎるものはケチだと思われてしまいます。。

しっかりと出産祝いの相場はチェックしておきましょう!

参照⇒知らないと恥をかく!出産祝いの相場を7つのケースで紹介するよ!

出産祝いを渡す時期は

出産祝いを贈るタイミング

出典 http://blog.livedoor.jp/babypro/archives/50938056.html

次に、出産祝いを贈る時期を説明します。基本的には産後一週間後から一か月以内となっています。生後30日でお宮参りがあります。その頃からお返しの準備をする方が多いので、遅くならないように渡しましょう。

もしタイミングが遅れてしまった場合には、おわびの言葉を添えて渡すようにしてください!わざと遅れた訳ではないコトを、相手側も知っていますから、気を落とさずしっかり渡してくださいね。

まとめ

最低限、これくらいは確認・覚えて起きたいところですね。せっかくのお祝いですから、贈る方も受け取る側も、喜んでもらえるのが一番です。自分の勘違いで、相手側の気分を損ねないように気を付けてくださいね!

最後にもう一つだけアドバイスがあります。一人で祝いのプレゼントを贈るよりも、何人かの友人と合わせて贈れば少し値が高い物でも、出費がおさえられますので、一人で悩まずに、友人に相談するのもいいですね!

男女別の出産祝いランキングの紹介!

男の子の出産祝いのランキング

参照⇒男の子の出産祝いの人気5選!失敗しない出産祝いとは?

女の子の出産祝いランキング

参照⇒女の子用の出産祝い人気6選!お勧めは可愛いアイテム!

スポンサーリンク