サラリーマン男性にオススメ!「Teyimo折りたたみ傘」のレビュー!自動開閉ボタン付き | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

サラリーマン男性にオススメ!「Teyimo折りたたみ傘」のレビュー!自動開閉ボタン付き

   


こんにちは!

もうすぐ雨が降り止まない季節。そう梅雨がやってきますねぇー。

嫌ですね。。

そんな雨ばかりの日でも外出が楽しくなる「折りたたみ傘」が紹介します!

今回紹介する「Teyimo折りたたみ傘」は

  • 丈夫な作り!
  • 自動開閉ボタンで便利!
  • 付属カバーもついていてカバンに入れても濡れない!

このようなメリットがある折り畳み傘です。早速レビューいきます♪

アマゾンで購入!開封の儀

安定のアマゾンで購入!

私はプライム会員なのですが、月曜日の晩に購入したら、翌日の火曜日にはもう到着していましたよ!

速い!!

アマゾンの箱を開封してみると、特に外箱などはなく、Teyimoの折り畳み傘が収納カバーに入った状態で梱包されています。

ただ、アマゾン側で折り畳み傘が動かないように固定してくれているので、外箱がなくても問題なし。

中にはTeyimoの折りたたみ傘の取扱説明書なんかも一緒に入っています。

※ちょっとシワシワなのは私が間違えて捨てそうになっただけです(笑)本当はもっと綺麗でした(笑)

折り畳み傘なので、使い方は難しいものではないですが、他の折り畳み傘と違うのは、自動開閉ボタンでしょうか。

この自動開閉ボタンを押すと一気に傘が開きます。これは便利!

ただ、ものすごい勢いで開きます(笑)人がいると普通にビックリするし、小さい子供当たってしまうとダメージを与えてしまいそうなレベル(笑)

なので自動開閉ボタンを押して傘を開く時は周囲をよく見てから開いたほうがいいですね。

収納カバーが優れもの!吸水性が高そう!

付属の収納カバーなのですが、このカバーがかなりイケてます!

毛布みたいにフワフワしてて、濡れた傘を折りたたんでそのまま収納カバーに突っ込んでも一気に給水してくれます。

Teyimoの紹介ページをチェックしてみると・・

防水オックスフォード布にPVC防水コーデイングで作られています。裏側シェニールとタオル地で作り、吸収性の優れているので濡れた傘でも吸収することができます。

と書かれてますね。

オックスフォード布がどんだけ凄いのかは分かりませんが実際に使ってみると、かなり吸水してくれそうな作りですね!

後、傘の持ち手などにもしっかりプチプチで梱包してくれているので、商品も綺麗な状態で届きました。

Teyimoの使用感レビュー!

高級感のある持ち手が格好いい

色もブラックで、持ち手も木製の作りなので、普通の折りたたみ傘よりも高級感のある作りです。

ちょっとわかりにくいかもですが、私が持っていた折りたたみ傘と比べてみました。

何年か使って使い古していることもありますが、個人的にはTeyimoの折り畳み傘の方が高級感を感じましたね。

大きいので雨が強い日でも大丈夫そう!

折り畳み傘のイメージって「小さいから雨が強いと濡れちゃう!」ってイメージないですか?

私はそんなイメージが折り畳み傘に対してあったので、雨が強い日はあまり使いたいとは思いませんでした。

ですが、Teyimoの折り畳み傘は、傘の柄の長さはそれほど長いのですが、開いた時に「結構大きな!」と感じましたね。

Teyimoの紹介ページにも書いてないのでわからないのですが、恐らく60センチ程度はあるんじゃないでしょうか?

60センチあれば男性の大きな体でも雨を凌げると思います。

私が今まで持っていた折り畳み傘は55センチだったので、雨が強いと大変だったんですよねぇ~。

Teyimoは丈夫な作りで、支柱が10本もある

実際に傘を開いてみてわかったのですが、Teyimoの折り畳み傘は支柱?(正確には傘骨w)が10本ありました。

自分が使っていた折り畳み傘を見ると7本だったので、強風が吹いても傘の骨が折れにくそうです。

折り畳み傘なんかを強風の日買ったら、買ってから一瞬で折れちゃった・・・

なんてことは誰でも経験したことがあると思うんですが、Teyimoの場合はいきなり折れちゃう心配はなさそうです。

超撥水性の素材を使っている

傘の素材として超撥水加工を施しているようなので、濡れた後でも「パッパッ!」と傘を払えば、他の折り畳み傘よりも簡単に雨のしずくを落としやすいです。

完全に落ちるわけではないですけど、比較的落ちやすいって感じ。

あと言葉で表すのは凄く難しいんですが、超撥水加工の素材だからなのか、触った感触が今持っている折り畳み傘よりも高級感がある感じ。

なんというか、高級な雨合羽の素材って感じです(笑)高級な雨合羽とか買ったことないけど、実際触ってもらったら「そういうことか!」ってわかってくれるはず(笑)

Teyimo折り畳み傘の唯一のデメリット

Teyimoの折り畳み傘は

  • 高級感があり
  • 超撥水加工で雨水を切りやすい
  • 傘骨が10本あり丈夫
  • 自動開閉ボタンがあり簡単に開ける

などのメリットがあるのですが、個人的に感じた唯一のデメリットが・・

傘が重い!ってこと。

重さは通常の折り畳み傘の約2倍弱・・


Teyimo折り畳み傘の重さ。見づらいですが、約500g弱の重さです。収納カバー除く。

こちらが、私が持っていた折り畳み傘。重さが270gくらいです。

重さでいうと約200g程度の違いですが、実際に持ち比べてみると、ずっしり重さを感じます。

折り畳み傘で、使わない時はカバンに入れて持ち運びことが多いと思うのですが、この200gの差をどう判断するかですね。

Teyimoの傘の重みは丈夫な証拠

「折り畳み傘はちょっとでも軽いほうがいい!」

という人にはTeyimoの折り畳み傘は合わないと思いますが、

「丈夫な傘がいい!」

という人にはピッタリ。

Teyimoの傘は確かに重みがありますが、思いということはその分、傘が丈夫ってことです。

「強風の時に毎回骨が折れて買い直すのが面倒だ!」

って人には合っていると思いますよ。

Teyimoの傘を買ったほうが良い人と買わないほうが良い人

買ったほうが良い人

  • 高級感のある折り畳み傘が欲しい
  • すぐに骨が折れない丈夫な傘が欲しい
  • カバンの中に入れても中の荷物が濡れない傘が欲しい
  • 自動開閉ボタンで簡単に開閉したい
  • カバンの中を傘の雫で絶対に濡らしたくない人

買わないほうが良い人

  • 1gでも軽い折り畳み傘が欲しい
  • 丈夫さはいらないなから雨が凌げればいい
  • カラフルな可愛い傘がいい

Teyimoの折り畳み傘のレビューまとめ

ということで、良い面悪い面をまとめてみました!

特徴が色々とあるので、好みは分かれる折り畳み傘だと思います。

ただ、営業周りしている男性の場合には、好評の折り畳み傘だと思いますね。

デザインも男性向けだし、強風でも強い雨でも十分凌げる強度や大きさがあります。

収納カバーもしっかり吸水してくれるので、カバンの中の書類が濡れてしまう心配もなし。

男性営業マンの折り畳み傘に使ってみるといいですよ!