転勤拒否したらどうなる?転勤拒否してトラブルになった場合の判例や対策など | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

転勤拒否したらどうなる?転勤拒否してトラブルになった場合の判例や対策など

   

転勤拒否して懲戒解雇?

出典 http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/9226d3b9c5116839f5e1c245bd9392f7/

転勤の内示や辞令の季節ですね。

「でも転勤は絶対にしたくない!」というあなた、転勤を拒否するとどんなことになるか知っていますか?

転勤を拒否した末にどうなったのか?事例をまとめてみましたので、転勤の辞令を受けるのか・拒否するのかを参考にして下さいね。

スポンサーリンク

 

転勤を拒否した際は懲戒解雇の場合も

転勤拒否で懲戒解雇

出典 https://hr.wantedly.com/offer/personnel-changes/

転勤の辞令をどうしても受けることが出来ない!って場合もありますよね。

その場合はどうなるのか?もちろん会社によって対応は異なりますが、懲戒解雇となるケースが多いようです。つまりクビですね。

やはり、転勤の辞令というのは、一種の業務命令ですので、業務命令に反すると解雇するというのを就業規則に記載しいている会社もあります。

ですので、解雇という理屈ですね。

転勤拒否で懲戒解雇は違法では?

転勤拒否での懲戒解雇は、過去の判例では合法という判断が通例となっています。

もちろんケースバイケースなので、一概には言えませんが「親の介護」「自宅の購入・子供の世話」などの理由は、転勤拒否の正当な理由には当たらないというのが判例となっていますね。

あくまで目安として考えてもらいたいので、具体的に自分の場合はどうなのか?というのは法律の専門家位に相談するようにして下さいね。

スポンサーリンク

 

出世の道が閉ざされることも

転勤拒否で出世出来ない

出典 http://jinji-tackle.jp/report/personnel-change/

転勤拒否をした場合ですが、懲戒解雇まで至らなくても、その会社での出世の道が閉ざされるケースがあります。

やはり、転勤の辞令というのは企業にとっても重要は経営判断ですので、その判断に背いたというのは、その後の出世に大きく影響するケースもあるようです。

当然企業によって異なりますので、一概には言えません。

私の経験談では・・・

私は大阪勤務で、東京転勤の辞令がおりました。

私自身、大阪でマンションを購入して間もなかったので、本当は転勤したくなかったのですが、上記のような理由からやはり転勤を受け入れました。

単身赴任での転勤でしたので寂しい思いをしたのも今では良い思い出ですが。

転勤拒否をして辞職した人も

私自身のケースではないのですが、私の以前の同僚は、家庭の事情でどうしても転勤をしたくなかったので、転勤拒否をして、その会社を辞めたというケースもありましたね。

私が勤めていた会社では、転勤拒否=会社を辞める という暗黙の了解がありましたので、仕方のない選択だったと思います。

まとめ

やはり現在のルールや慣例では、転勤を拒否すると、退職か出世に影響するということなりそうです。

ですので、「転勤の期間は1年間」などとこちらから事前に条件などをつけて転勤を受け入れるというような方法が現実的だと思いますね。

スポンサーリンク