トマトの育て方の3つのポイント!プランターの大きさは●センチ! | 疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊|気になることを調べるブログ

疑問調査隊。気になることや旬の話題などを徹底的に調べるブログです

トマトの育て方の3つのポイント!プランターの大きさは●センチ!

   

トマトの育て方のポイントやプランターの選び方

出典 https://www.vivahome.co.jp/green_life/m/new/vege/tomato/03/default.htm

トマトの育て方って知っていますか?トマトの苗は最初は小さな小さな苗なのですがちゃんと育ててあげると、大きな茎をつけて、大きなぷりぷりの実をつけるのです。

これからトマトを育てようとしているあなたに、トマトの育て方に関してまとめましたので参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

トマトを育てるのに大事なプランター

トマトの育て方のポイントやプランターの選び方

出典 https://gardening.nanapi.com/ja/44075

トマトを育てるプランターに関してですが、大きさは縦×横それぞれ30センチ以上の大きさのプランターがお勧めです。

トマトの苗は最初はとても小さいのですが、急に茎が大きく育つのです。

茎が大きくなる前に当然トマトの根が大きくなろうとしますよね。トマトの根が大きくなる際にプランターの大きさが小さすぎると当然根が大きく育つことが出来ません。

ですから30センチと比較的大きなプランターを最初から用意しておくことで、しっかりとトマトの成長を助けてあげることが出来るのですね。

トマトが育てば支柱をつけてあげる

トマトの育て方のポイントやプランターの選び方

出典 https://gardening.nanapi.com/ja/44075

トマトが育つと茎が非常に太くなり重くなります。重くなると当然茎が垂れ下がってきますので、そうならないように支柱を用意してあげましょう。

暖かくなると急激に育つのがトマトの特徴ですので、その前に支柱を用意しておく必要があります。

支柱の長さは1.5mほどあると安心ですね。

支柱とトマトの茎を結ぶ際は、あまり強く結び過ぎないでください。

茎が育つということは、茎の直径自体も太くなります。その際支柱と強く結びすぎると茎の成長を妨げることになります。

トマトの茎と支柱を解けない程度に優しく結んであげるのがポイントですね。

水のやりすぎに注意

トマトを育てる際にポイントになるのが水やりの頻度です。

過剰に水やりをしてしまって枯らす人が多いのがトマトなのですが、水やりは実は10日に1回ほどで良いのです。

それ以上水やりをする必要はありません。トマトの葉や茎に元気がないなーと思った時に水を上げるのがベストな水やりのタイミングになります。

マンションで育てる際の注意点

トマトの育て方のポイントや注意点

出典 https://gardening.nanapi.com/ja/44075

私が実際にトマトを育てていた時の失敗談です。

トマトを苗から育てて、茎も大きくなりトマトの実が少しずつ赤くなってきたタイミングです。

このころは我が子の成長を見守るようにトマトを大事に育てていたのです。

それが、あることをキッカケにトマトを育てることが出来なくなりました。

それは、トマトをベランダの室外機の上に置いていて風か何かでプランターが倒れてトマト茎が折れてしまったのです。。

何故室外機の上に置いていたのかというと、ベランダで1番日当たりの良い場所がそこしかなかったので、室外機の上に置いていました。

ですが、固定など全くせずに置いていたので倒れてしまいトマトの茎が折れてしまったということです。

あなたはそんな初歩的なミスはしないと思いますが、せっかく育てるトマトですので大事にしてあげてくださいね!

スポンサーリンク